プリザーブドフラワーは、生花に

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施して長期保存可能としたもので、、クリスマスプレゼントとしては、リースやフラワーバスケットのデザインで贈られることが多いようです。非常に色が鮮やかで、しかも生花に近い質感は、ドライフラワーとは一味違っています。プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントにと考えた時、第一の利点は水や光を与えずとも1年〜5年間は、初めの姿のままで保存することができる、と言うことです。さらに香りも、飛び散る花粉もないために、アレルギー体質の方でも安心して部屋に置いておくことも可能です。プリザーブドフラワーは生花に比べるとかなり高価ですが、クリスマスプレゼントになら奮発してもいいと思う方も多いでしょう。何といっても生花の約50倍長持ちするのです。問題は花の種類が少ないことです。しかしこれも最近技術が進んで、少しずつですが増えてきています。プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントとして贈る方がここ数年増えています。それにともなって、花の種類はもちろんですが、色合いや、デザインなどもずいぶんと増えてきています。やはり、長期間枯れたり変色しないでみずみずしい姿を保っている、と言うのが選ばれている大きな理由なのでしょう。


RSS関連リンク
秋の短期スクール 作品ご紹介!
10月から開講します『プリザーブドフラワー秋の短期スクール』の作品をご紹介します こちらは10月に制作予定の作品です。赤のグラデーションがきれいなラウンド型アレンジです。初めてプリザーブドフラワーを扱われる方、またお花を扱うのが 全く初めてという方もイメージしやすいラウンド型です。

2週間後
っているのでしょうかね・・・。人体の冷凍保存はいかがなものかと思うわけですが、 花は何年も姿を変えず残るプリザーブドフラワーが 巷ではなかなか人気があるようです。でも、花はきっと、枯れるからこそ美しい。花びらの織りなす繊細な形と色、そして、

1日早くスタート(コルダ2アンコールネタ
・加地くんの恋愛イベントで、香穂子が花好きだと知って早速プレゼントしてくれる加地くん。相変わらず ナチュラルストーカー だね!(笑) 「(プリザーブドフラワーにしようかとも思ったけど) 想いを託す花 としてはやっぱり、みずみずしく新鮮なものがいいよね」 とか言って
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。